読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トルコ風アイスとの持続的共存をめざして

トルコ風アイスが好きだ


5年ぐらい前に短い期間はやったトルコ風アイス
私はその粘り気とチープな味に魅了された。

しかし、一時期スーパーなども含め出回ったものの、その後販売されることはなかった。

最近では、ファミマが期間限定で売り出してくれ、それが熱狂的なトルコ風アイスファンたちの命を繋いでいる。
twitterを見ていると、ファンの歓喜の声が見て取れる。

 

 

 

僕もトルコ風アイスを買うためだけにファミマに寄り、それを買って食べている。しかしこれにはいくつか問題がある。

  1. 一日1アイスを食べる僕だと買いだめしてもトルコ風アイスがなくなってしまう
  2. 一日1アイス生活だとファミマのトルコ風アイス(140円)がサイフに優しくない
  3. ファミマが出してくれるフレーバーのトルコ風アイス”しか食べられない。


トルコ風アイスは期間限定でファミマで取り扱っているため、かなり早いタイミングで姿を消す。twitterには買えなかったファンの悲痛な叫びがあふれる。

 

 

 

 

 

また、3の問題も深刻だ。
今のファミマのラインナップは”チョココーヒー&バニラ”だからまだマシだけど、一個前のフレーバーは”ソーダ”だった。。。

ソーダとか、、、なめてるのか。

f:id:aok-project:20151102153315j:plain

僕が食べたいのはバニラ味のトルコ風アイスだ!

普段はそんな話をすることもないのだが、お酒の場などで、僕のアイス談義のなかで友達に滔々とトルコ風アイスの魅力を語ることがある。そんな時、鈍感君にこんなことを言われることがある。


トルコ料理屋にいけば食べられるんじゃない?”






“はっ?!?!?!”

信じられない。
ちゃんと人の話を聞いていたのだろうか。

僕が食べたいのは「トルコ”風”アイス」であって「トルコアイス」ではない!!

本場トルコのアイスを模して作られた、でも本場よりもライトな粘り気のあるチープなアイス。
それがトルコ”風”アイスだ

 

トルコ風アイスのある生活を求めて

 

トルコ風アイスが好きな人間は、僕の独自のリサーチでは10人に1人ぐらいいる。
40人のクラスに4人ほど、トルコ風アイスが手に入らなくて涙をのんでいる人々がいるのだ。

そんな人たちはある時このことに気がつく。

もうね、トルコ風アイスを自作するしか生きる道はない・・・

そしてグーグル先生に”トルコ風アイス 作り方”と打ち込むのである。
そうすると

news.livedoor.com



そう、納豆にたどり着く。

1.納豆を使う

f:id:aok-project:20151103095339j:plain

納豆を混ぜ

 

f:id:aok-project:20151103095344j:plain

納豆をどけ

 

f:id:aok-project:20151103095350j:plain

皿に残ったネバネバにアイスを突っ込むのである

 

f:id:aok-project:20151103095356j:plain

そしてまぜる。すぐにアイスは粘り気を帯び。。。

 

f:id:aok-project:20151103095403j:plain

瞬く間にトルコ風アイスとなる。

 

トルコ風アイス 作り方」とググってこれでもかと出てくる情報だけあって、その再現度は見事である。

危惧されるであろう納豆の風味がつくとかそんなのもほとんど感じられない。

 

確かに、この方法ならトルコ風アイスが食べられる。。。

 

 

 

でも、、、


でも、、、

よく考えてほしい。。。

納豆が食べたいわけじゃない!!!
トルコ風アイスが食べたいのだ!!

f:id:aok-project:20151103095409j:plain

手前でツヤツヤしているこいつどうするねん!

 

アイスをご飯代わりに納豆を食べろとでもいうのか
(豆ごとアイスに加える派もいるようだが、純潔派の僕としてはアイスに豆を入れる等言語道断である)

 

この方法だとトルコ風アイスが食べたいな”と思ったら、まずは納豆を食さないといけない。

ありえない。。。

それぐらい我慢しなよ、と思うかもしれない。

 


でも考えてみてほしい。納豆を食べたいなと思ったら逆に

”納豆を食べる前にこちらのアイスをお召し上がりください”

とか言われたらどうだ?


おいおいおい・・・なにを言っているんだ。

となるのが普通だ。

当然だ。納豆はおかず、アイスはデザート。両者が相容れることはない。

 


こちとら一日1アイスを食べる人間だ。

仮に一年で365日トルコ風アイスを食べようと思ったら、同じく一年で365個納豆を消費しないといけない。

だから、この方法は、実現可能だが、実用的ではないのである。

2.餅を使う

 

cookpad.com



次に出てくるのが餅を使う方法である。
餅ののびる食感を移植できればアイスがのびるのでは?そう考えるわけである。

 

f:id:aok-project:20151102171826j:plain

まず最初に餅に牛乳を加えてレンジで加熱し、柔らかくする。この時点ですでにネバネバしている。

 

f:id:aok-project:20151102171821j:plain

鍋にいれ、水飴、ヨーグルト、砂糖を加え、弱火で練り合わせる。その後アイスを加えて混ぜる。なかなかの粘り具合である。期待が持てそう。

f:id:aok-project:20151102171817j:plain

冷凍庫で1時間ほど冷やしたもの。

確かにのびる。。。

が、よくたてたホイップクリームのように形を維持するほどの固さはなく、持ち上げても、時間がたつと崩れていくくらい。

 

お味のほうは・・・

うーん、まずくはないんだけど・・・

お餅の入ったアイス、、、止まりかな。

 

なんというか、雪見大福を皿にうつしてぐちゃぐちゃに混ぜたような状態。

餅とアイスが水と油のように分離している。

 

火を加えたり、餅をいれたり、冷やしたりとする割に、残念ながら僕らのトルコ風アイスにはほど遠い。

 

 

かくして次の方法を模索する。
頭のいいトルコ風アイス好きは、ファミマのトルコ風アイスをおもむろに手に取りにたりと微笑む。

彼の目には"水飴"の二文字が映っていた。

3.水飴を使う

f:id:aok-project:20151102145638j:plain


水飴とか普段使う機会ないけど、あらためて手にしてみると粘り気すごい・・・っていうかこいつ、カタい・・・
このままでは扱えないので、レンジで少し加熱して柔らかくしてアイスに加えてみることに

その結果

f:id:aok-project:20151102145639j:plain


残念なことに・・・


全く粘り気がない。。。いや、もしかしたら、気持ちねちょっとしているような気もするが、食べてみるとやはりただのバニラアイス。。。

しかも水飴のせいで甘いから!!

こうして目論みははずれ、水飴案は頓挫する。


成分に入っているからといって水飴を使うのは危険である。

 

舞い降りた巧妙


そこからいろいろ考えた。
水飴はだめだったが、ともかく”増粘剤を加える”という方向性は間違ってないはずだ

アガーはどうだろう?

いろいろ考えた。
そんな時、ふとある考えが降りてきた。


“納豆の粘り気だけを手に入れることはできないだろうか”
“納豆の粘り気、粘り気・・・"

"納豆の粉末!?”
”納豆の粉末!?”

”納豆の粉末っ!?”

納豆の粉末はないのかっ!?

思い立った僕はその場ですぐsafariを立ち上げググってみた。

www.hoya-nattou.com

 

ある!!納豆粉末、あるぞ!!


これは、、、いけるのでは!?
ということで、期待半分、不安半分のなか、その場の勢いで納豆の粉末を注文する。

f:id:aok-project:20151102155221j:plain


こちらがその商品"ナットウコナーコ"
個装になっているのがポイントである。

食べるときに、食べる分だけ使いたいよね。

期待を胸に、スーパーカップのアイスに納豆粉末をふりかける。茶色い粉末なので、きな粉のようにも見える。

f:id:aok-project:20151102145127j:plain

 

f:id:aok-project:20151102145137j:plain

少し混ぜてみる。

写真では分かりにくいが、時折糸を引き、明らかに粘りが出てるのが見て取れる。

 

f:id:aok-project:20151102145143j:plain

混ぜ進むと、徐々に粘りはましてゆき

 

f:id:aok-project:20151102145145j:plain

 

おおおーーーーっ!!これやっ!!トルコ風アイスや!!トルコ風アイスやで!!

 

みごとなまでの出で立ち。
ここにまさにトルコ風アイスが再現された。

そう、ついに、手軽にできて、そして納豆を無駄に食さなくていいトルコ風アイスがここに登場したのである。

(目安はアイス200mlに対して納豆粉末5g程度。コナーコだと一袋分)

この方法のメリットをまとめると

1.いちいち納豆を食べなくていい
2.食べたいときにぱっと作れる
3.再現度は上々
4.粉なので保存が利く
5.自分の好きなフレーバーで作れる


である。


トルコ風アイスなしでは生きられないクラスに4人の人々よ、納豆粉末を今すぐ発注してほしい。